名古屋、横浜、湘南のおすすめランチ情報がいっぱいのグルメブログです。ランチメニューやランチ写真豊富ですよ♪

ぴーこのランチブログ

ゴルフ 基本のき①

1ヶ月ぶりのラウンドで張り切って行ってきました。
天気最高!(10月初旬の快適なゴルフ日和)、体調良好!(8時間睡眠でばっちり)、メンバー最高(!ゴルフをこよなく愛するおじさん達)。
でも、スコアは結局100ぴったし(あららら・・・なぜだろうと悩んじゃいますよね)。
ワンラウンド後、ゴルフ理論に精通している、「先生」(税理士さんなので先生と呼んでます)と、もうハーフを練習ラウンドしました。
そこで 先生にアドバイスいただいた内容をあなたにも、ご紹介します。
パッティングのコツ
2メートル以内のパッティングは、打ち終わった後もボールのあった所を見続ける
あなたも、短いパットを外したことあるはずです。それはいわゆるヘッドアプが原因の1つと思われます。
でも、これを実践すれば、だれでも、100なんて簡単に切れます。
なぜなら、このパッティングを実践することで、5打は確実に減らせるからです。
だって3パットが2パットになり、18ホールのうちそれが5回あれば、そうなりますよね。
何も新しい情報ではありませんが、「 基本のき 」 を守れていないプレーヤーは結構多いを思います。
ぴーこも偉そうに言えた義理ではありませんが、スコアいいほうが、ゴルフが楽しいに決まってますよね。
ゴルフ基本のき は、続けて紹介していきます。次回はドライバーを紹介します。

横浜のワンコインランチ 

あなたはランチを何にするかで迷うことはありませんか?
あれもいいし、これもいいなぁ、でも今週は節約しないとなぁ・・・なんて悩んでいるあなたに、横浜駅前のワンコインランチを紹介します。
横浜駅西口から歩いて5分(モアーズを通り越し、橋を渡った角)にある「 やきとり平助 」です。
唐揚げ定食、なんと 「 390円 (税込) 」
信じられますか? アンビリーバボーなコスパにお店は超満員です。
でも回転率がいいので、それほど待たなくても入れます。回転率が高い理由は 立ち食い方式 だからです。
お店のメニューです。 全て激安(ほぼワンコイン)でしょ。
平助 メニュー.jpg
お待たせしました!唐揚げ定食です!!
平助 唐揚げ定食.jpg
熱々の唐揚げが5個、キャベツの千切りにマヨネーズ付き、ザーサイ、味噌汁、ご飯(とりそぼろ等のってます)がお盆で運ばれてきます。
唐揚げは、揚げたてなので、熱々で美味しいですよ!! 
390円とは思えないクオリティーにきっと驚くはずです。
平助 外観.jpg
夜も立ち飲み居酒屋で、コストパフォーマンスがよく、人気みたいですよ。
やきとりにビール良く合いますねぇ。
 ブログの励みになりますので、
 ポチっと 応援お願いします
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「 町田商店 」 横浜家系ラーメン マイルド系スープ

美味しいラーメンを食べたい! 
という訳で、今回は横浜家系ラーメンの紹介です。
「 町田商店 横浜店 」はクリーミーな豚骨醤油スープが特徴。
ぴーこの中では 横浜駅周辺の家系ラーメン店で ナンバーワン となりました。
宣伝の看板です。

町田食堂 看板.jpg

ネギラーメン はこんな感じです。

町田食堂 ネギラーメン.jpg

ネギ多めで、海苔3枚、チャーシュー1枚、うずら卵、ほうれん草 正統派の家系スタイル。
スープが とってもクリーミーで 飲み出すと 止まりませんよ!
久しぶりに スープを全部飲んでしまいたい という誘惑に負けそうになりました。
麺は幅広太麺で(他のとこよりも少し太い感じがしました)、もちもちの食感で歯ごたえもよしです。
調味料は豆板醤、酢、醤油、にんにく、胡椒、しょうがのきざみ、玉ねぎのきざみ等があり、お好みでかけられます。
ぴーこは家系の時は迷わず豆板醤なのですが、ここでは失敗しました。
町田食堂の場合は豆板醤の入れずに、クリーミーなスープを堪能した方がよかった少し後悔しました。
ちなみにライスは無料でつきます。
場所は横浜西口出て右手に5分程度とアクセスも良いですよ。
 ブログの励みになりますので、
 ポチっと 応援お願いします
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

小樽なると屋

あなたは唐揚げが好きですか? 
ぴーこはめっちゃ好きです。と、いうわけで今日は 小樽なると屋の半身揚げの紹介です。
見てくだい、この美味しそうな揚げ具合!!

なると 半身2.jpg

揚げたてのホッカホッカ~ですよ。
お味はあっさりとした塩味で、皮はパリパリ、お肉はジューシー!
美味しい唐揚げの要素を全て兼ね備えた、そう、まさに 「キング of 唐揚げ」 なのです。
ちなみにぴーこは北海道にいったわけではなく、地元のデパートの北海道展で買い求めました。
北海道展は美味しい物が多いから好きです。
あまりに美味しくて、妻にお願いして、2日連続で食べさせていただきました。
(それほど美味しいのよ!)

なると 袋.jpg

 ブログの励みになりますので、
 ポチっと 応援お願いします
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

楽園のカンヴァス

「楽園のカンヴァス」はとっても面白いミステリー作品です

楽園のカンヴァス.jpg

(山本周五郎賞・「ダ・ヴィンチ」プラチナ本OF THE YEAR2012・「王様のブランチ」BOOKアワード2012大賞など受賞)
物語の軸となるのは美の巨匠 アンリ・ルソーの名作「夢」に酷似した絵「夢をみた」の真贋判定。
主人公は聡明な日本女性とアメリカのさえないキュレーターの二人。
ルソーを愛してやまない二人が「夢をみた」をめぐり、古書の7章を紐解くことで、謎を解き明かしていきます。
古書に記述されているのは、当時の時代背景、極貧にあえぐ老人ルソーに光を与える若き天才ピカソ、そして最後のミューズになるヤドヴィガとの出会い。
謎の絵画収集家が所蔵する作品「夢をみた」、それを取り巻く陰謀乗り越え、ルソーの魂を救えるのか?
とても極上のミステリーで、最後の結末はかなり衝撃的ですぞ(そうか、あの伏線がここで生きてくるのか!って感じ)
ぴーこはこれを読むまでは アンリ・ルソーの作品にまったく興味がありませんでしたが、読書後考えが180度変わりました。
今すぐにでもルソーの作品を見に行きたい!!そして、ルソーの魂を感じたい!!

横浜のイタリアンレストラン

前々から行きたいと思っていた横浜の美味しいと評判のイタリアンレストラン「ラフォンテ」についに行ってきました。
ラフォンテ 外観.jpg
こじんまりした佇まいのお店で、中もそれほど大きくありませんが、美味しいと噂を聞くだけあって、ランチの女性客でいっぱいでした
ランチメニューはA~Eがあり(基本A・B・Cは単品で、D・Eはコース)、この日はパスタが食べたかったので、鶏肉とじゃがいものクリームソースペンネをパスタに替えていただきました。
ラフォンテ メニュー.jpg
前菜は3品(正直、名称はわかっていませんが、魚の前菜が一番美味しかったです)で、フォカッチャ(もちもちです)とドリンクも付きます。
ラフォンテ前菜・フォカッチャ.jpg
さてさて、お待たせしました、鶏肉とじゃがいものクリームソースペンネパスタです。
まず、たっぷりのクリームソースの中に、柔らかい鶏肉ときのこがふんだんにはいっています。
一口パスタを食べたら、ソースは濃厚なのですが、香りがとても上品で、その美味しさたまりません、絶品です!!
ラフォンテ 鶏肉とじゃがいものクリームソースパスタ.jpg
麺はいわゆるアルデンテで、一口目はほんのすこ~し芯を感じますが、おかげで最後の一口までもちもちした食感を楽しめます。
ぴーこはおっちゃんなので、クリームソースで食後に胸焼けしないか心配しましたが、まったくありませんでした(油も、材料も良質なものを使っているからでしょうね)
場所は横浜駅から15分(浅間町の交差点近く)で近くはありませんが、一度いく価値はあると思いますよ。
ラフォンテ
 ブログの励みになりますので、
 ポチっと 応援お願いします
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

海賊とよばれた男(下巻)

海賊とよばれた男(下巻)
海賊とよばれた男(下).jpg
通勤電車の中で人目もはばからず、うるうるしながら下巻も一挙に読ませていただきました。
(さすが本屋大賞を獲った作品ですね、読んでよかった。)
全編をとおしてのテーマである「士魂商才」を貫く主人公の驚愕すべき行動力に大拍手を送ります。
寸分のブレのない決断と電光石火の行動力により、アメリカ等の大きな相手に立ち向かって行くその姿はとても美しいです!
そして、大切な人々のとの出会いと別れ、特に日田さんとの物語は多くの読者の琴線に触れるのではないでしょうか。
百田尚樹さんの作品は内容が分厚い(当時の背景とか、空気とかの描き方が詳細)ので、物語に迫力があり、あっという間に物語に入り込んでしまいます。
日本人に、いや、全世界の人々にこの物語を読んで欲しいと思います。
そうすれば、世界の見方も変わってくるのではないでしょうか。

海賊とよばれた男(上巻)

あなたはどんな本が好きですか?
ぴーこは百田尚樹の本が好きです。今は文庫化になったので、やっと「海賊とよばれた男」を読書中です。
海賊とよばれた男(上).jpg
出光興産の創業者である出光佐三をモデルにした国岡鐵造の躍動する物語にしびれっぱなしです。
こんなにもすごい日本人がいたなんて、ぴーこは知りませんでした。
戦後の大不況でも従業員を守ったり(一人も首切りをしないのです)、GHQに清々堂々と間違いを指摘し認めさせたり、世界のメジャー会社を相手に戦いを挑んだりと、とにかく熱い、熱すぎます。
でも、一番の痺れるポイントは己の利益を追求するのではなく、日本人の為になることを最優先するという点です。その生き様に、周りの登場人物らも心酔していくようです。
ちなみに「永遠の0」のあの人もちょこっと出て来きますよ(*゜д゜*)
今日、上巻を読み終えました。
百田さんのストーリー展開の上手さに、下巻も一挙に読んでしまいそうです。
この本も何回も読み直してしまいそうです。(「永遠の0」は3回続けて読んでも泣けて泣けて仕方なかったです)

葉山国際カンツリー倶楽部

葉山国際に行ってきました、もちろん人生で初めて葉山国際でプレーさせていただきました。
その日は2つの楽しみがありました。
一つはぴーこには場違いな葉山国際という名門コースでプレーできるとという事と、もう一つは改造中のスイングの確認でした。
葉山国際はさすがのコースでした、当日はエメラルドのインとダイヤモンドのアウトをラウンドしたのですが、夏の盛りということもあり、松の木々が美しく映え、山頂からの眺望も相模湾、東京湾を見渡せて最高のロケーションを堪能することができました。
(ランチタイム中は雨で、午後のスタートは一時間ほど遅れましたが、おかげで雲海を眺めることもできました、午後のプレーは再び太陽が顔をだし、結局プレー中は雨に降られずにすみました・・・晴れ男の父とのラウンドで雨はほとんどないです)
コースは総じて短めではありますが、いろいろなトラップがありました(ぴーこはことごとく引っかかりました・・・)また、グリーンは上から早く、下からは重いので(下から打つと芝がバリバリと音をだしている雰囲気でした)なかなか寄せることができず、グリーン・コースともに面白かったです。
スイング改造の方は大失敗でした。
最近、飛距離を出したい為に腕のローテーションなるものにチャレンジしているのですが、ボールがことごとく左に出てしましました。
おかげでスコアは108(56+52)でした・・・ありゃりゃんりゃ。
今年中に腕のローテーションをマスターして、平均ドライバー飛距離250ヤード、平均スコア85を目指します。
最後に、いつもゴルフに連れていってくれるお父さん(義理の父)本当いつもありがとうございます。
葉山国際はとてもいい記念なりました。
いつか恩返しますから待っててくださいね。(またかわいい孫の顔を見に来てくださいね。)

アラベル 100%黒毛和牛の横浜ナンバーワンのハンバーグ

ピーコはハンバーグが大好きです。
横浜(浅間町)の「 アラベル 」はジューシーなハンバーグが食べれるので、とてもお気に入りです。
ランチにはサラダとスープがつきます。サラダもシンプルですが、美味しいですよ。

ハンバーグ サラダ.jpg

お待たせしました!ハンバーグです。
ご覧の通り、ハンバーグは縦半分に切って出てきます(今回はハンバーグ2個分なので4切れになっています)。レア状態で出てきますので、ご自分でも鉄板が熱い内にじゅうじゅう焼いてくださいね。

ハンバーグ.jpg

黒毛和牛のジューシーハンバーグが熱々の鉄板に乗っているため、最後までアツアツのままいただけますよ。
ソースはデミグラス含め4種類を選べますが、テーブルに置いてある、ピンクロックソルトとペッパーだけでも美味しくいただけます。
価格は通常のランチで1000円でも食べらますが、男性であれば、300gのビッグハンバーグがボリューム的にもおすすめです。(食べた日は夜までお腹が減りませんでした)
ちなみにお店は小さいので、行く時は予約をすることをおすすめします(駅から歩いて15分程度かかるので、入れない時のダメージ大です)
また、近いうちに行きたいと思います。
 ブログの励みになりますので、
 ポチっと 応援お願いします
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます